スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

高校野球 山形大会 きょう抽選会、2年ぶりの夏決める

2021年6月24日10時30分

 2年ぶりに、夏の甲子園への出場校を決める第103回全国高校野球選手権山形大会(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)の組み合わせ抽選会が24日、山形工業高校(山形市)で開かれる。大会は7月8日に開幕、同24日に決勝の予定だ。

 県高野連によると、一般観客の球場での観戦については可否を検討中。控え選手や保護者、吹奏楽部の生徒らの観戦は受け入れる方向で調整をしている。新型コロナウイルス対策で全選手が集まる開会式は実施しない。

 大会には44チームが出場する。シード校は昨秋以降の大会成績に基づき、酒田南、日大山形、羽黒、創学館、鶴岡東、米沢中央、東海大山形、酒田光陵の8校が決まっている。

 また、高校野球の発展や選手の育成に功績のあった指導者に日本高野連と朝日新聞社が贈る「育成功労賞」に、17年間にわたり蔵王工・蔵王(現・山形明正)の監督や部長を務め、現在は同校長の佐藤佳彦さん(66)が選ばれた。抽選会に先立って表彰式が行われる。

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ