スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

選抜経験、選手層増した九州王者具志川商 対抗馬は興南

2021年6月23日18時00分 朝日新聞デジタル

 ■朝日新聞ポッドキャスト 音でよみがえる甲子園

 (103回地方大会展望 沖縄)

 今夏、2年ぶりに阪神甲子園球場で全国選手権が開催される。49の代表の座を目指した地方大会は、6月下旬から始まる。今回は春の選抜大会に21世紀枠で出場したあと、春季九州地区大会で初優勝を果たし、成長著しい具志川商が注目の沖縄大会を展望する。

 具志川商はエースで主軸の新川(あらかわ)俊介選手と、好守の遊撃手としてチームをまとめる粟国(あぐに)陸斗主将が中心。選抜は2回戦で福岡大大濠に敗れたが、大舞台で初戦を突破したことでチームは自信をつけた。九州大会ではその福岡大大濠に準決勝で雪辱。決勝でも同じ福岡勢の九州国際大付を破って初優勝した。右横投げの田崎陽誠(ようせい)選手の成長がチーム力のアップにつながったと喜舎場正太監督。沖縄大会でも優勝候補になりそうだ。

 対抗馬は春季県大会で優勝した興南。九州大会ではキレのいい直球を軸とした左腕の山城京平選手が好投した。アメリカ人の父を持つ中軸打者の野田愛真(あいしん)選手にも注目。九州大会準々決勝の鹿児島実戦では、逆転サヨナラ本塁打を放った。強打者だが、実は本格的に野球を始めたのは中学から。我喜屋優(まさる)監督は、大きなスイングをさせるために、ゴルフのように野球ボールを地面に置いて打つ練習をさせたという。まだ成長途中で、楽しみな選手の一人だ。

 当初は全国のトップを切って開幕する予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴い、2度延期になった。開幕は7月3日の予定。61チームが参加して組み合わせ抽選は、すでに済んでいる。(坂名信行、山口裕起)

新着ニュース

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ