スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

高校野球の秋田大会 1、2回戦は無観客 開会式行わず

2021年6月19日09時00分

 第103回全国高校野球選手権秋田大会(秋田県高校野球連盟、朝日新聞社主催)について、県高野連は18日、新型コロナウイルス感染防止のため開会式は行わず、1、2回戦は一般観客を入れずに実施すると発表した。来月9日に開幕し、22日に決勝の予定。昨年は中止となり、2年ぶりに甲子園を目指す大会となる。

 県高野連によると、開会式は選手や大会関係者が集まることによるリスクを考え避けるべきだと判断した。来月9~12日の1、2回戦(計25試合)は4球場で開くため、感染防止に配慮しながらの有観客での運営は、要員や態勢面から難しいという。

 13日からの3回戦以降はこまちスタジアム(秋田市)1会場で開くため、感染防止策を取りつつ、一般の観客を迎える方針で、直近の感染状況を見て最終判断する。保護者・生徒らによる応援の形態も感染状況を注視し、検討する。

 また、2回戦までの会場の一つを、当初予定していたグリーンスタジアムよこて(横手市)から、大曲球場(大仙市)に変更する。昨冬の大雪と、春先の気温が上がらなかった影響で外野の芝生の状況が悪いためだという。(井上怜)

     ◇

 秋田県高野連は18日、第103回全国高校野球選手権秋田大会の開催費用を募るためのクラウドファンディング(CF)を始めた。1、2回戦に一般の観客を入れないため入場料収入が減る一方、ベンチの消毒など感染防止のための費用が膨らんでいるため。

 目標額は200万円で、1口1千円から。7月31日まで、CFサイト「A―port」の県高野連ページ(https://a-port.asahi.com/projects/kouyaakita2021/別ウインドウで開きます)で受け付ける。申し込んだ人の名前をサイトのページに掲載するほか、金額に応じてメールや手紙で礼状を送る。

 県高野連は「選手たちが練習の成果を発揮できる舞台を続けていくために、ご支援をお願いいたします」としている。

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ
  • ノーカット動画
  • スマホアプリで高校野球を楽しもう
  • グッズ販売
  • 投票 甲子園ベストゲームファイナル
  • 高校野球DVD販売サイト

関連リンク

  • 許諾番号:9016200058Y45039