スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

旭川・十勝地区の組み合わせ決まる 高校野球

2021年6月17日09時00分

 第103回全国高校野球選手権南・北北海道大会(道高野連・朝日新聞社主催)の旭川地区の組み合わせ抽選会が16日、行われた。19校が四つの代表の座を争う。

 Aブロックは2018、19年と連覇した旭川大が抜きんでる。攻守に手堅い野球が持ち味だが、今年は足を絡めた攻撃も見せる。富良野緑峰は全員野球で食い下がりたい。Bブロックは富良野と旭川龍谷が軸になりそう。地力のある旭川工が追う。

 Cブロックは混戦模様。旭川西と旭川永嶺、旭川東がしのぎを削る展開になりそうだ。Dブロックは、昨秋の全道大会で準優勝した旭川実が攻守ともに充実している。旭川明成と旭川北の対戦にも注目だ。(井上潜)

     ◇

 十勝地区の組み合わせ抽選会も16日、開かれた。21校15チームが出場し、代表3枠の座を争う。新型コロナウイルスの緊急事態宣言の影響による小規模校の練習不足を補うため、開幕日を当初の26日から29日に遅らせ、7月4日までの日程となった。

 Aブロックは春の地区代表の白樺学園が総合力でリードする。元日本ハムの池田剛基監督の就任以来、躍進著しい足寄は打力が光る。選手層の厚い帯広北も侮れない。

 Bブロックは昨夏の甲子園交流試合出場の帯広農が柱。試合経験豊富で、粘り強さも健在だ。堅守から流れを作る帯広三条がいかに食い込むか。Cブロックは地力のある帯広大谷、投手層の厚い帯広緑陽、3年生部員が多い帯広工が、しのぎを削る展開になりそう。(中沢滋人)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ
  • ノーカット動画
  • スマホアプリで高校野球を楽しもう
  • グッズ販売
  • 投票 甲子園ベストゲームファイナル
  • 高校野球DVD販売サイト

関連リンク

  • 許諾番号:9016200058Y45039