スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

混戦を制するのは 県高野連役員らが語る 佐賀大会

2021年6月17日10時00分

 混戦が予想される佐賀大会。シード校の東明館、佐賀学園、佐賀北、北陵に続くチームはどこか。佐賀県高校野球連盟役員のみなさんに注目のチームや選手について、語ってもらった。(敬称略)

 ――県全体の印象は

 吉冨 東明館が昨秋、今春と連覇しているが、飛び抜けているわけではない。シードの4校は、どこが優勝してもおかしくない。シード校以外にも有力なチームがあり、混戦の大会になると思う。

 ――直近の地区大会の様子は

 馬場(鳥栖・三神地区)一番力を持っているのは東明館。守りが堅く、先発今村、リリーフの加藤が安定している。この加藤が主将で1番打者とチームを牽引(けんいん)し、存在感を出している。鳥栖市長杯では鳥栖が優勝。北原、篠原両投手を中心にまとまりのあるチームで打者には勝負強い品川がおり、注目のチームだ。神埼清明は、武次投手を中心に守りが堅く、江原、福地らの攻撃力もある。

 大嶋(佐賀地区)佐賀学園が安定している。広橋投手がNHK杯決勝で無安打無失点と好投。投打がかみ合って優勝した。準優勝の北陵は投手真木が安定しており、あとにも力のある投手がいて守備が侮れない。佐賀北は中村一、森を中心とする打線が良い。NHK杯では初戦で登板した左腕荒谷が初回に味方の失策絡みで5失点したが、二回以降は良かった。奮起に期待したい。この3チームが突出していると感じる。

 木下(唐松地区)一つあげるのは難しい。秋は唐津商が準優勝、春は多久が準優勝。NHK杯は早稲田佐賀と唐津工が4強入り。唐津商は左腕原と右腕桑原が故障気味で調子を落としていたが、復調すれば力を発揮できる。多久は柴田が投打の柱。早稲田佐賀は寮生が多く、(コロナの感染防止のため)春先まではそろっての練習ができなかったが、豊富な投手陣が魅力。唐津工は秋、春、NHKとも8強に入っている。

 植松(杵藤地区)地区からは夏のシードを取れなかったが、各校とも好投手がいる。白石の平、鹿島の大塚、嬉野の織田竜、佐賀農の古賀の4人は力があり完投能力もある。シード校と当たってもおもしろいと思う。打者では白石の山口慶、本塁打もある太良の北村らが活躍すると期待している。ほかの地区よりレベルは落ちるかもしれないが、チャンスはある。

 楢原(伊西地区)4校しかないがどの学校も力がある。中でも伊万里市長旗優勝の有田工の遊撃手北村は投手としても140キロ台の速球を投げ、投打の柱になっている。敬徳は昨年のメンバーが5人残り、エース太田と長打力のある草場が魅力。伊万里実はバランスの取れたチームで新入生も多く力をつけている。伊万里はエース森下に130キロ台後半の直球がある。主将の川田はどこでも守れて打撃も良い。

 ――大会の見どころは

 吉冨 夏の大会の初戦は、緊張もするし非常に大事。そこをしっかり勝てば上がっていく。そして2人目の投手が重要。日程はタイトではないが、投手には1週間で500球以内の球数制限があるため、大会を任せられる2人目の投手が鍵になるだろう。

 佐賀では連覇が少なく、直近では2005年、06年の佐賀商までさかのぼる。シード校に限らず、どのチームにもチャンスがある。非常に楽しみな抽選会になる。

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ
  • ノーカット動画
  • スマホアプリで高校野球を楽しもう
  • グッズ販売
  • 投票 甲子園ベストゲームファイナル
  • 高校野球DVD販売サイト

関連リンク

  • 許諾番号:9016200058Y45039