スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

夏の高校野球奈良大会、7月10日開幕

2021年6月16日10時00分

 奈良県高校野球連盟は15日、第103回全国高校野球選手権奈良大会(朝日新聞社、県高野連主催)の開催要項を発表した。7月10日に開幕し、順調に進めば29日に決勝がある。昨年はコロナ禍で選手権が中止され、県高野連が独自大会を開いた。2年ぶりの奈良大会となる。

 新型コロナウイルス対策としてチケットの一般販売はせず、入場は部員の保護者や学校関係者らに限定される。全試合が橿原市の佐藤薬品スタジアムで開催される。優勝校は8月9日に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する全国大会に出場する。

 組み合わせ抽選会は7月2日、橿原市の県橿原文化会館である。今大会は37チームが出場予定。高円・高円芸術、二階堂、山辺、青翔、榛生昇陽が部員不足のため連合チームを組む。春季近畿地区高校野球大会県予選で4強入りした智弁学園、天理、奈良大付、畝傍がシード校となる。

 通常の開会式も見送られ、代わりに大会初日に開会セレモニーを実施する。開会宣言、優勝旗返還、選手宣誓などを予定。参加するのは開幕試合の2チームと大会役員らだ。

 入場が認められるのはベンチ入り以外の部員、学校関係者、保護者、OBや野球部以外の生徒ら。吹奏楽の応援は禁止で、手拍子やメガホンなどをたたいての応援となる。入場料は一般1千円(税込み)、高校生500円(同)と一昨年よりそれぞれ300円、200円値上げする。試合間の時間を例年より長く取り、試合ごとにベンチを消毒するなどの感染防止対策を講じる。

 県高野連の穴田敏之会長は「一昨年までの大会運営ではなく、新たなスタイルの大会になる。制約、制限があるが、新型コロナウイルス感染対策、熱中症対策をしながら安心安全の大会をめざす」と述べた。(米田千佐子)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ
  • ノーカット動画
  • スマホアプリで高校野球を楽しもう
  • グッズ販売
  • 投票 甲子園ベストゲームファイナル
  • 高校野球DVD販売サイト

関連リンク

  • 許諾番号:9016200058Y45039