スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

生徒の熱中症、夕方以降も要注意 夏場の持久走はNG

2021年6月19日15時00分

 新型コロナウイルスの感染が収まらないなか、本格的な夏を迎えます。近年は猛暑が続き、熱中症による救急搬送が相次いでいます。厳しい暑さとコロナ禍のなかで、どのようにスポーツや試合観戦を楽しむかを考えるシンポジウム「スポーツと熱中症」が5月23日、オンラインで開かれました。

 第1部では中京大学スポーツ部科学部の松本孝朗教授がオンラインで講演。体をまず冷やす応急処置の重要性を説きました。

 熱中症とは「熱失神」、「熱けいれん」、「熱疲労」、「熱射病」の四つの病気を総称したものです。命に関わる「熱射病」には特に注意が必要で、「熱疲労」に自分で気づくことが重要です。

 倦怠(けんたい)感や頭痛など熱疲労の症状に気づかずに頑張ってしまうと、体温や脳の温度が上昇し、脳に麻酔がかかったような状態になります。意識レベルが下がり、体温の調節機能も低下。体温が43度あるのに汗がかけないことも起こります。このような場合に重要なのは、救急隊員が来るまでの現場での応急処置です。速やかに体温を下げること。ここでは水分補給ではなく身体冷却をしてください。

 熱中症は、中学校や高校では体育の授業よりも、夕方以降の部活動で多く起きる傾向にあります。共通しているのは持久走やダッシュの繰り返し時。体温が上がりやすいため、暑い夏場はこのようなメニューはやめてください。

 とくに下級生は体力的にも技術的にも劣っているので負荷が大きくなります。また、一度熱中症になったことがある人は要注意です。やはり、かかりやすい体質というのがあるように思われます。

新着ニュース

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ
  • ノーカット動画
  • スマホアプリで高校野球を楽しもう
  • グッズ販売
  • 投票 甲子園ベストゲームファイナル
  • 高校野球DVD販売サイト

関連リンク

  • 許諾番号:9016200058Y45039