スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

高校野球岩手大会、有観客で7月7日に開幕へ

2021年6月9日11時00分

 第103回全国高校野球選手権岩手大会(県高野連、朝日新聞社主催)の概要が決まった。7月7日に開幕し、61チームが出場する。全試合1千人をめどとする有観客で開催する方針。22日の常任理事会で正式に決定する。

 昨年の第102回大会は新型コロナウイルスの影響で中止になり、県高野連が独自大会を開いた。

 今大会は68校61チームが県営、花巻、森山総合公園の3球場で試合を行い、決勝は7月21日に県営球場で開かれる予定。1千人を目安に有観客で行うが、新型コロナの感染状況次第で無観客となる可能性もある。各校の一般生徒による応援団の派遣は見合わせてもらう。優勝校は8月9日に阪神甲子園球場で開幕する全国大会に出場する。

 6月24日に都南文化会館で、各校の主将も出席して抽選会が開かれ、組み合わせが決まる。7日午前10時から始まる開会式は規模を縮小し、保護者を含め、観客は入場できない。

 シード校は春の県大会で8強に進んだ、花巻東▽盛岡大付▽久慈▽花巻南▽一関学院▽専大北上▽盛岡中央▽宮古商工。

 種市・大野・紫波総合▽岩谷堂・水沢農・前沢・北上翔南▽岩泉・山田・大槌はそれぞれ連合チームを組んで参加する。(西晃奈)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ

各地の情報

LIVE中継あり

スコア速報あり

代表校決定

開幕前
開幕後
本日試合あり
北海道
東北
関東
北信越
東海
近畿
中国
四国
九州・沖縄