スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

春季中国高校野球が開幕

2021年6月6日09時00分

 【島根】第136回春季中国地区高校野球大会(中国地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)が5日、鳥取県米子市のどらやきドラマチックパーク米子市民球場で開幕した。1回戦の4試合があり、立正大淞南が鳥取商を9―1(8回コールド)で破り、4強入りした。6日の準決勝で下関国際(山口)と対戦する。

 ◎…立正大淞南が13安打の猛攻でコールド勝ちした。四回、先頭の外間からの3連打と犠飛で先制すると、山田、谷川の適時打など打者一巡の攻撃で一挙5点。五回には藤田が2点本塁打を放ち、突き放した。鳥取商は投手の球が浮き気味で、安定しなかった。

     ◇

 7番打者の外間(ほかま)進之介主将(3年)が、適時打を含む3安打の活躍で存在感を見せた。

 味方打線が序盤、相手投手の変化球を意識しすぎ、ふるわない中、二回はフルカウントで粘った8球目を右前安打。先頭打者だった四回には高めの直球を右前へ運び、猛攻の口火を切ると、この回再び回ってきた打席でも中堅に鋭い当たりの適時打を放った。

 昨秋の県大会では2番や4番を任されていたが、春の県大会から打順は下位に。「打てない分、投手に球数を投げさせることを意識した」といい、相手投手に嫌がられるまで粘り、チームバッティングに徹したのが好結果につながった。

 守備は要となる遊撃手。太田充監督は「できることをきっちりやる。1回も手を抜かず安定している」と信頼を置く。めざすチームのプレーも「丁寧に」だ。

 この日のチームは2失策に、好機を逃す走塁ミスもあった。6日の準決勝は今春の選抜大会にも出場している下関国際。「ミスしていたら競ったとき勝てない。自分たちの野球をしたい」(榊原織和)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ

各地の情報

LIVE中継あり

スコア速報あり

代表校決定

開幕前
開幕後
本日試合あり
北海道
東北
関東
北信越
東海
近畿
中国
四国
九州・沖縄