スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

2年ぶりの全国高校野球選手権兵庫大会 7月3日開幕

2021年6月4日09時00分

 兵庫県高校野球連盟と朝日新聞社は3日、第103回全国高校野球選手権兵庫大会の開催要項などを発表した。開会式、開幕戦は7月3日に明石トーカロ球場である。

 出場は158校、157チーム。多可と吉川が連合チームを組む。抽選会は6月22日にあり、春季県大会の16強が第1シード、32強の残り16チームが第2シード校として16ブロックにそれぞれ割り振られ、4回戦までの組み合わせを決める。5回戦以降は後日の抽選となる。大会が順調に進めば、決勝は7月29日にほっともっとフィールド神戸で行われる。

 開幕戦前の始球式は、神戸弘陵高3年で女子硬式野球部投手の島野愛友利(あゆり)さんが務める。今春の全国高校女子選抜大会では4強入りに大きく貢献。今夏の全国高校女子選手権大会の決勝が阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で初めて開催されることが決まっていて、島野さんも甲子園でのプレーを目指している。

 昨夏は、第102回大会が新型コロナウイルスの感染拡大のため中止に。県高野連が原則無観客で独自大会を開いていた。

 試合会場は一昨年と同じで、明石トーカロ球場、ウインク球場(姫路市)、ほっともっとフィールド神戸、G7スタジアム神戸、ベイコム野球場(尼崎市)、高砂市野球場、アメニスキッピースタジアム(三田市)、豊岡こうのとりスタジアム、淡路球場の計9球場。

 入場料はいずれの球場も大人900円、中高生・65歳以上400円、小学生以下・障害者は無料。(岡田健)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ

各地の情報

LIVE中継あり

スコア速報あり

代表校決定

開幕前
開幕後
本日試合あり
北海道
東北
関東
北信越
東海
近畿
中国
四国
九州・沖縄