スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

春季北海道高校野球大会 きょう決勝

2021年5月31日09時00分

 第60回春季道高校野球大会(道高野連など主催)の全道大会は30日、札幌円山球場で準決勝2試合が行われた。北海道栄が札幌静修をコールドで破り、札幌日大はクラーク国際を延長十回に突き放して勝利した。決勝は31日午前10時から、同球場で無観客で行われる。(佐野楓、川村さくら)

 ◎…北海道栄は好機で着実に得点を重ねた。一回に柳原が四球で出塁すると、川越と佐々木の連続適時打で2点を先制。二回にも先頭の菊富が四球を選び、犠打や安打をつないで2点を追加した。四回は相手の失策などで3点を加えた。先発の小沼は四回以降二塁を踏ませない投球で6回を無得点に抑え、バックも3度の併殺と好守でもり立てた。札幌静修は一回に四球と安打で一、二塁の好機を作ったが生かせなかった。

 ◎…本塁打3本を含む12安打を放った札幌日大が、延長十回の接戦を制した。二回に先頭の森が左越え本塁打を放ち先制。同点に追いつかれた直後の十回には山村の本塁打で流れを引き寄せると、大柳の右中間への二塁打などで1点を追加し、勝ち越した。クラーク国際は先発の山中と、継投した菊池が計13奪三振と好投。打線も11安打を放ったものの、9残塁と好機を生かし切れなかった。

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ