スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

専大松戸が延長戦制して初の決勝進出 関東高校野球

2021年5月23日09時30分

 【千葉】第73回春季関東地区高校野球大会(関東地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)は22日、甲府市の山日YBS球場で準決勝2試合があった。専大松戸(千葉2位)は桐光学園(神奈川2位)と対戦し、延長戦の末、3―2でサヨナラ勝ちした。専大松戸の決勝進出は初めて。もう1試合も、関東第一(東京2位)が常総学院(茨城1位)に6―5で逆転サヨナラ勝ちする接戦だった。決勝は23日に予定されている。

     ◇

 専大松戸は1点差で迎えた八回1死、吉岡が右中間二塁打で出塁し、続く大森の中前適時打で追いついた。延長十回には、先頭打者の吉岡が中前安打で出塁し、投ゴロと右前安打で三塁まで進塁。山口のスクイズで生還し、サヨナラ勝ちした。先発の岡本は146球で完投。被安打8でピンチは多かったが、要所を抑える冷静な投球で切り抜けた。

     ◇

 専大松戸が2―2の同点に追いついた直後の九回表。先発の岡本陸投手(3年)は、先頭打者から三振を奪った。続く2打者も内野ゴロなど凡打に打ち取ると、ベンチに向かって走りながらガッツポーズした。普段は淡々とした態度だけに、印象的な姿だった。

 それまで投げた8イニングのうち半分で得点圏に走者を背負うなど、苦しい投球が続いていた。しかし、ピンチになっても、冷静に低めに集める投球に徹し、大量点を許さなかった。九回を三者凡退に抑えたことで、試合の流れを引き寄せ、延長戦の末のサヨナラ勝利につながった。

 岡本投手の背番号は11。エースナンバーは同学年の深沢鳳介(おうすけ)投手が付けており、2番手の位置づけだ。春の選抜大会でも岡本投手に登板の機会はなく、「投げられなかったのは悔しかった」と口にしていた。

 しかし、この関東大会が投手として一皮むけるきっかけになった。準々決勝の浦和学院戦でも、振りが鋭い強打者ぞろいの相手に、六回途中までを投げて3失点に抑えた。「浦和学院戦での経験が、精神的な部分で成長するきっかけになった。その経験があったからこそ、今日の投球だった」という。

 「夏の大会は深沢だけじゃ勝ち進めない」という持丸修一監督。この日の試合後には、「深沢抜きでここまで戦えたのは大きい。岡本は、普段だと調子の落ちる中盤以降も奮起していた」と成長を評した。(竹中美貴)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ