スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

常総学院、逆転サヨナラ負けで決勝逃す 関東高校野球

2021年5月23日09時30分 朝日新聞デジタル

 【茨城】第73回春季関東地区高校野球大会(関東地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)は22日、準決勝2試合が山梨県であり、常総学院(茨城1位)は関東第一(東京2位)に5―6で逆転サヨナラ負けを喫し、決勝進出を逃した。もう1試合は専大松戸(千葉2位)が桐光学園(神奈川2位)を3―2で破った。

     ◇

 常総学院打線は中盤まで相手投手を打ちあぐねたが、七回に柴田、宮原、太田和、大川らの集中打で4得点し逆転。八回には田辺が勝ち越し打を放った。九回裏2死までリードしていたが、最後は一、二塁で安打に失策が重なり、逆転サヨナラを許した。

     ◇

 ライナー性の打球が、センターへ抜けていった。

 七回1死走者なし。春の県大会から4番打者を務める田辺広大(こうた)主将(3年)が、ボールの上からたたきつけた。

 この日、関東大会2試合で22安打20得点の強力打線は湿っていた。六回まで4安打。18のアウトのうち、フライが八つもあった。

 「ボールの上を空振りするぐらいの気持ちで打っていこう」。試合後半に入る前にみんなに呼びかけた。狙いを具体的に共有することが必要だと考えた。

 主将であり、4番打者でもある。その自覚から出てきた言葉だった。

 打線が息を吹き返した。田辺君の安打から4連打と二塁打で4点を挙げ、逆転した。

 同点とされた直後の八回1死二塁の場面では「ここを打ち崩せば、また流れが来る」と考え、左中間を破る勝ち越しの適時二塁打を放った。

 迎えた九回裏。決勝進出まであとアウト一つと迫ったが、逆転サヨナラで敗れた。田辺君は得点するのが遅かったことを悔やんだが、「サヨナラ負けが一番頭に残る。点の取り方や守備を鍛え直します」と夏のリベンジを誓った。(伊藤良渓)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ