スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

球児の夏、7月10日開幕 全国高校野球広島大会

2021年5月22日10時00分 朝日新聞デジタル

 広島県高校野球連盟は21日、第103回全国高校野球選手権広島大会(朝日新聞社、県高校野球連盟、県教育委員会主催)の大会要項を発表した。大会は7月10日に開幕し、決勝は同31日の午前10時から尾道市のしまなみ球場である。

 新型コロナウイルス感染防止のため、開会式は呉市の鶴岡一人記念球場で、第1試合に出場する2校が参加、選手宣誓などを行う。

 県総合グランド野球場と東広島アクアスタジアム、やまみ三原市民球場、福山市民球場も会場になる。

 90校が参加予定で、加計と向原、賀茂北、河内、呉昭和の5校が連合チームで臨む見通し。春の県大会8強の広島新庄と呉港、広島商、如水館、広陵、西条農、山陽、尾道がシード校になる。

 組み合わせ抽選会は6月26日午後1時半から、広島市中区の県民文化センターである。

 感染対策として、入場時の検温、手指消毒などを徹底し、有観客で開催する見通し。観客には厚労省の接触確認アプリ「COCOA」に登録を求め、利用が難しい場合は氏名や連絡先を記入してもらう。試合の入場料は大人千円、中高生200円、小学生以下無料。(三宅梨紗子)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ