スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

専大松戸、乱打戦制し4強入り 準決勝は22日

2021年5月19日09時00分

 【千葉】第73回春季関東地区高校野球大会(関東地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)は18日、甲府市の山日YBS球場で準々決勝2試合があった。県大会で準優勝した専大松戸は、浦和学院(埼玉1位)に9―5で打ち勝ち、4強入りを決めた。22日予定の準決勝で、桐光学園(神奈川2位)と対戦する。準決勝もう1試合は、常総学院(茨城1位)と関東第一(東京2位)の組み合わせ。

     ◇

 五回裏1死一、二塁。専大松戸の7番打者、加藤大悟選手(2年)が打席に立った。甘い球を待っていた。低めの球を見切ったあとの、5球目。狙い通り、真ん中に入ってきたスライダーをとらえた。「一、二塁に走者がいるので逆方向を意識した」という打球は左翼方向へ。2点差を一気に広げる3点本塁打となり、試合を決定づけた。

 「(当たった瞬間は)レフトフライかな、と思ったけど風に乗ってくれた」。本塁を踏み、先に生還していた横山瑛太選手(2年)らとハイタッチした。

 昨秋から1年生でレギュラー入り。でも、今春の県大会までは「ふがいなかった」とふり返る。県大会以降、バットをたてて構えていたのを寝かせるようにするなど打撃フォームを見直した。走者が塁にいるのを想定した打撃練習にも取り組んできた。

 関東大会では、前回の駿台甲府戦につづく2試合連続の本塁打。「今までだったら追い込まれて三振してしまっていた。でも関東ではボール球を簡単には振らなくなった。春の優勝を狙いたい」と話した。(竹中美貴)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ