スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

選抜王者の東海大相模が敗れる 春季関東高校野球

2021年5月16日10時30分

 【神奈川】第73回春季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催、朝日新聞社など後援)が15日、山梨県内で開幕した。神奈川県勢2校のうち、選抜大会で優勝した東海大相模(神奈川1位)は日本航空(山梨2位)と対戦し3―5で敗れた。桐光学園(神奈川2位)は日大三(東京1位)を13―9で下し、準々決勝に進んだ。17日に関東学園大付(群馬1位)と対戦する。

     ◇

 東海大相模は、日本航空の長身左腕に緩急で苦しめられ、追い上げきれなかった。三回に大塚の適時打と敵失で追いついたが、直後の好機を生かせず、六回も無死一、三塁から無得点に終わった。投手陣も七回以外は毎回走者を背負い、流れを作れなかった。

     ◇

 敗退が決まった瞬間、東海大相模の大塚瑠晏(るあん)選手(3年)は次打者席でポトリとバットを落とした。だが、すぐに前を向いた。「夏につなげられる負けにしたい」

 主将を務めていた選抜大会、準々決勝を前に原因不明の急性胃腸炎にかかった。優勝は病院のベッドの上で見届けた。一時、体重が8キロ減ったため、神奈川県大会は途中出場や下位打線でプレーしていたが、この日は選抜大会で打っていた2番に戻ってきた。

 三回には反撃の適時打。外角の直球に反応して、しぶとく三遊間を破った。しかし七回は、同じ直球を打って遊ゴロ併殺打。「キレのあるスライダーを意識して迷いが出た」。追う展開の重圧を肌で感じた。

 「春夏連覇のために、倒しに来る相手を乗り越えられる強さを、もう1回磨きたい」。今度こそ甲子園優勝の輪に加わるべく、再スタートを切る。(黒田陸離)

     ◇

 桐光学園が日大三との打撃戦を制した。先制された直後の四回に中嶋の満塁弾で勝ち越し。五回に追いつかれたが六回に再びリードし、七回は山口の2ランなど、4長短打にスクイズを絡めて突き放した。救援の針谷が直球で押し、終盤の追い上げをしのいだ。

     ◇

 6点差があった。しかし、相手は強打が売りの日大三。桐光学園のマウンドを引き継いだ針谷(はりがい)隼和(はやと)投手(2年)は七回裏、先頭打者を三振に抑えたものの連打を許し、1死一、三塁のピンチを迎えていた。

 石井嘉朗捕手(同)がマウンドに駆け寄った。「ハイボールは長打にされる。低めにいけ」。チームメートの言葉を聞き、気が楽になった。相手の打球は遊撃手の前に転がり、併殺打で切り抜けた。

 その後、八回と九回に1点ずつ失い、「今は三振にとれる球がない」と針谷投手。ただ、野呂雅之監督は「体幹がまだ弱いが、はまったときの投球はいいものがある」と2年生投手に期待する。エース・中嶋太一投手(3年)の救援として登板の機会は増えている。針谷投手は「売りはストレート。変化球に頼りすぎずにやりたい」。(土居恭子)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ

各地の情報

LIVE中継あり

スコア速報あり

代表校決定

開幕前
開幕後
本日試合あり
北海道
東北
関東
北信越
東海
近畿
中国
四国
九州・沖縄