スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

京都成章-京都国際で決勝 春季京都府高校野球

2021年5月16日09時30分

 春季府高校野球大会(府高校野球連盟主催)の準決勝が15日にあり、京都成章(京都市西京区)と京都国際(同市東山区)が決勝進出を決めた。京都成章は終盤の逆転劇で東山を破り、京都国際は乙訓に完封勝ちした。決勝は16日にある。(吉村駿)

     ◇

 京都成章が終盤に勝ち越した。七回に桜井の犠飛で追いつき、八回は上位打線が作った好機に3番の月生が右前に適時打を放ち、勝負を決めた。エースの細見は東山打線に12安打を浴びながらも直球を軸に要所を締めて、1失点に抑えた。守りも無失策でエースをもり立てた。月生は「細見が耐えてくれていたので、打線が何とかしようと思って打席に入った。決勝も粘り強く戦いたい」と話した。

 東山は四回に1点を先制。その後も低く鋭い打球を飛ばし、何度も出塁したが、好機で打線がつながらなかった。

     ◇

 京都国際が乙訓の好投手・北見を攻略した。二回、金田の適時打で先制すると、三回にはエースの森下が右越えに適時二塁打を放ち、1点を追加。四回にもさらに2点を加えて、試合の主導権を握った。

 森下は直球とスライダーを軸に乙訓打線を完封。「選抜大会を経験してから、マウンドでじっくり打者を観察できるようになった。決勝も粘り強く要所を抑える投球をしたい」と話した。

 乙訓は九回に連打を放つなど終盤に相手の森下を捉えて好機を作ったが、あと一本が出なかった。

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ

各地の情報

LIVE中継あり

スコア速報あり

代表校決定

開幕前
開幕後
本日試合あり
北海道
東北
関東
北信越
東海
近畿
中国
四国
九州・沖縄