スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

関東高校野球開幕 花咲徳栄は東海大甲府にコールド勝ち

2021年5月16日10時30分

 【埼玉】第73回春季関東地区高校野球大会(関東地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)が15日、山梨県で開幕した。花咲徳栄(埼玉2位)は山日YBS球場で東海大甲府(山梨3位)と初戦を戦い10―0でコールド勝ちした。16日は浦和学院(埼玉1位)が作新学院(栃木2位)と同球場で、花咲徳栄も佐野日大(栃木1位)と富士北麓公園野球場で対戦する。

     ◇

 花咲徳栄は一回、失策で出塁した飛川が冨田の二塁打で生還し先制。三回には浜岡の内野安打を足がかりに、秋山の満塁本塁打、冨田の2点適時二塁打など打者13人で9点を追加した。投手陣は先発松田と継投した金子が東海大甲府に三塁を踏ませなかった。

     ◇

 三回表、花咲徳栄の二死満塁の好機に打席に入ったのは9番・秋山貫太選手(3年)。前の打席は内角攻めにタイミングが合わず右飛。「同じミスはしない」。太鼓が響く東海大甲府の応援に気おされながらも、気合を入れ直した。

 直球を狙っていたが、初球のカーブに体が反応した。泳がされたが「芯には当たった」。左翼スタンドに吸い込まれた打球を見届けると笑顔に変わった。

 県大会初戦の南稜戦に続く公式戦2本目の本塁打。秋山選手は「内心めちゃくちゃ緊張していた」と言いつつも、「9番はよくチャンスが回ってくる。下位打線から得点できてこそ強いチームだと思う」と胸を張った。岩井隆監督は「たまたまですよ」。ただ、「うまく引っかけてくれた」と、まんざらでもなさそうだった。=山日YBS(黒田早織)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ