スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

春季青森県大会が開幕、2年ぶり

2021年5月16日09時00分

 春季青森県高校野球選手権大会(県高野連主催、朝日新聞青森総局など後援)が15日、開幕した。八戸市長根公園野球場など3球場で1回戦6試合があり、八戸工大二、三本木、弘前東、青森商、野辺地西、三沢商が勝ち上がった。

     ◇

 初球は自慢の直球でストライク。2年ぶりの春の県大会は、エースの速球で幕を開けた。開幕試合の五所川原農林―八戸工大二。一回表のマウンドに立った八戸工大二の酒田凜(りん)投手(3年)は、直球を生かす好投を見せた。

 「好きな球種なので、大事な場面で使います」。言葉通り、要所で低めに集めた。唯一のピンチだった三回1死一、二塁の場面でも131キロの直球を低めに決め、併殺打に打ち取った。登板した五回までを無失点に抑え、チームに流れを持ち込んだ。

 投球フォームに工夫がある。リリースポイントをできるだけ高くするため、上半身を左斜めに大きく傾けるのだ。そのぶん右腕が上に伸び、直球に切れが出る。最速は136キロ。「夏までに140キロを出したい。そうなれば、もっと緩急を生かせる」

 3アウトを取ってベンチに引きあげる前、いつもマウンドに向き直って帽子を取り、一礼する。中学時代からの心がけだ。「グラウンドと審判のみなさんへの感謝の気持ちです」。球春の訪れにふさわしい、さわやかな風が吹いた。(渡部耕平)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ

各地の情報

LIVE中継あり

スコア速報あり

代表校決定

開幕前
開幕後
本日試合あり
北海道
東北
関東
北信越
東海
近畿
中国
四国
九州・沖縄