スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

夏の高校野球愛媛大会、7月10日開幕 観客は6月判断

2021年5月8日10時00分

 第103回全国高校野球選手権愛媛大会(朝日新聞社、愛媛県高校野球連盟主催)の第1回運営委員会が7日、オンラインであり、大会日程を7月10日から26日までの17日間(休養日を含む)と決めた。一般の観客を入れるかどうかは、6月初旬をめどに判断する。

 シード校は昨秋以後の公式戦の成績をもとに決定。第1シードは今春の選抜大会に出場した聖カタリナ、第2シードは昨秋の四国大会出場の小松、第3シードは今春の四国大会出場の新田、第4シードは今春の県大会4強の松山商に決まった。出場校は一昨年の101回大会から2校減の57校となる見込みで、組み合わせ抽選会は6月27日にある予定。

 試合会場は、松山市の坊っちゃんスタジアムを主球場に、西条市ひうち球場、今治市営球場、宇和島市の丸山公園野球場の計4球場。開幕日の7月10日に、坊っちゃんスタジアムで開会式を催すかは検討中。

 新型コロナ感染防止対策としてベンチの消毒や清掃の時間を確保するため、今大会では、試合と試合の間をこれまでの30分程度から45分程度に広げる。

 1日3試合を実施する球場では、第1試合の開始時刻を昨夏の独自大会から15分繰り上げて午前8時45分、第2試合は午前11時半、第3試合は15分繰り下げて午後2時15分とする。1日2試合の場合、第1試合は午前9時開始とし、第2試合は15分繰り下げて午前11時45分開始とする。

 休養日は終業式のある7月20日に加え、準決勝と決勝の前日に1日ずつ確保し、連戦を回避する予定。日程が順調に進めば、20、23、25日が休養日となり、決勝は26日午前10時から、坊っちゃんスタジアムで開かれる。なお、延長十三回からのタイブレーク制は決勝にも適用される。

 昨夏の102回大会は、新型コロナの感染拡大の影響で中止。県高野連は独自大会を開き、観戦を部員や保護者らに限り、原則無観客で実施した。2年ぶりとなる夏の愛媛大会開催に向け、忽那浩会長は「まん延防止等重点措置が延長され、暗い状況は続いている。どうしたら大会をやれるのか模索し、可能な限り球児にいい大会を準備したい」と話した。(照井琢見)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ

各地の情報

LIVE中継あり

スコア速報あり

代表校決定

開幕前
開幕後
本日試合あり
北海道
東北
関東
北信越
東海
近畿
中国
四国
九州・沖縄