スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

春の高校野球栃木県大会は佐野日大がV 作新も関東へ

2021年5月7日09時00分

 第74回春季栃木県高校野球大会(県高野連主催、朝日新聞宇都宮総局など後援)の決勝が6日、県営球場であり、佐野日大が作新学院を13―10で破って優勝した。春の県大会優勝は2大会連続6回目。両校は15日から山梨県で開かれる関東大会に出場する。

     ◇

 佐野日大の4番打者・岡佐昌樹選手(3年)は初回、無死満塁で先制点となる3点適時二塁打を三塁線に放った。真ん中に入った直球を振り抜いた。「相手投手も苦しくてストライクを取りにくると思った」

 今大会は打撃がいま一つで、準決勝の白鷗大足利戦では守りでミスが続いた。増山渉太主将(3年)から「明日は頼むよ」と声をかけられた。これに奮起して1試合の大会記録となる3打席連続二塁打を放ち、優勝に導いた。「取り返してやろうと気合が入った」

 冬場は、チームで下半身の強化に取り組んだ。毎日、学校近くの小さな山を走って上り下りを繰り返した。費やした時間は前年までの倍以上。みんな体が一回り大きくなって、強力打線につながった。岡佐選手は「キャッチボールなどの基礎を見直し、関東大会では打ち勝ちたい」と口元を引き締めた。(中野渉)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ

各地の情報

LIVE中継あり

スコア速報あり

代表校決定

開幕前
開幕後
本日試合あり
北海道
東北
関東
北信越
東海
近畿
中国
四国
九州・沖縄