スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

常総学院、3年ぶりV 常磐大破る 春季高校野球県大会

2021年5月7日11時00分

 第73回春季関東地区高校野球茨城県大会(県高校野球連盟主催、朝日新聞水戸総局など後援)は6日、決勝がJ:COMスタジアム土浦であり、常総学院が18―6で常磐大を破り、3年ぶり15回目の優勝を決めた。

 両校は山梨県で15日から始まる関東大会に出場する。初出場となる常磐大は15日に関東学園大付(群馬1位)と、常総学院は16日に東農大二(群馬2位)と、それぞれ対戦する。

     ◇

 一回裏、乱打戦の口火を切ったのは、常総学院の1番打者・鹿田優君だった。1ボール2ストライクと追い込まれた後、変化球に合わせてレフトに運んだ。「緊張せずに打てた」

 今大会からベンチ入りした背番号17の2年生。負けず嫌いだけど、大ざっぱな性格だと自己分析する。打撃には自信があったが、これまで「妥協してしまっていた」と言う。

 それが、3月の春の選抜大会を機に変わった。

 甲子園のアルプス席で仲間を見守りながら、「この雰囲気を、ベンチやグラウンドで感じたい」と思った。それからは練習で打てなかった理由を野球ノートに書き込んで研究するようになった。「単打でつなぐ」打撃を徹底し、打率も上がった。

 この日も三つの単打を重ねて2打点と活躍したが、「セカンドゴロが二つあった」と不満げだ。もう妥協はしない。目指すのは小技もしっかり決められる打者。「ただ打つだけじゃないバッターになって、背番号1桁を目指したい」と話した。(伊藤良渓)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ

各地の情報

LIVE中継あり

スコア速報あり

代表校決定

開幕前
開幕後
本日試合あり
北海道
東北
関東
北信越
東海
近畿
中国
四国
九州・沖縄