スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

春の高校野球 名電、12年ぶりの頂点 愛知

2021年5月3日09時00分

 第71回県高校優勝野球大会(県高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)の決勝が2日、岡崎市民球場であり、愛工大名電が享栄を6―1で破って12年ぶり11度目の優勝を飾った。両校は20日から三重県で始まる春季東海地区大会に出場する。

     ◇

 九回裏2死一、二塁。カウント2―2になったところで、愛工大名電の藤山航平捕手(2年)はマウンドに駆け寄った。

 「あと(アウト)1個なんで落ち着いていきましょう」。野崎健太投手(3年)に声をかけ、一呼吸を置く。最後は直球で三振に仕留め、ミットを突き上げて喜んだ。

 背番号1の寺嶋大希投手(3年)ら7人の多彩な投手陣を擁し、継投で勝ち上がってきた。「みんな制球がいい。ストライクゾーンを広く使ったリードを心がけている」。昨夏の独自大会でベンチ入りを果たすと、今大会でも全6試合に先発出場。物おじしない性格で先輩にも積極的に声をかける。普段からコミュニケーションをとることで、信頼を勝ち取ってきた。

 野崎投手は「普段は天然でおちゃらけキャラだけど、試合になれば冷静で信頼して投げられる」と話す。

 この日、先発の田村俊介(3年)と野崎の両投手を好リード。享栄打線に8安打を許したが、要所を締めて1失点に抑えた。倉野光生監督は「捕手としても打者としても今大会で大きく成長した」とうなずく。打っても5打数4安打と活躍した藤山捕手は「東海大会でも優勝してチームを勢いづかせたい。夏も優勝して必ず甲子園へ出る」と意気込んだ。(仲川明里)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ