スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

創志学園4年ぶり2回目V 倉敷商を圧倒

2021年5月3日09時30分

 春季県高校野球大会(県高野連主催)は2日、倉敷市のマスカットスタジアムで決勝があり、創志学園が倉敷商を投打にわたり圧倒し、4年ぶり2度目の優勝を果たした。創志学園は6月5日から鳥取県で始まる春季中国地区大会に県代表として出場する。

     ◇

 創志学園が序盤から終始試合をリードし、大量14得点で快勝した。

 初回に2点を先制した創志学園は三回、連続四球の走者を犠打で進め、木村駿が適時二塁打を放つなどして3点を追加。五回にも四球や敵失で無死満塁とし、野選や栗山の適時打などで3点を入れ、五回までに大量点を奪った。

 初戦から3試合連続完投している川端は、終盤に疲れが出て失点したものの、低めに変化球を集めて好投。守備陣も4併殺ともり立てた。川端は「きょうが一番調子がよかった。昨秋の中国大会では打たれて悔しい思いをしたので、先発して抑えたい」と話した。

 倉敷商は七回、無死一塁から3番西川が右越え三塁打を放ち、4番藤森も左前適時打でつないで2点をかえし意地を見せた。だが、4投手が計11四死球を与えたうえに、4失策と守備もピリッとせず、夏に向けて課題を残した。(雨宮徹)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ