スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

甲子園、女子高校球児の目標にも 裾野の広がりに期待

2021年4月28日19時50分

 1915年に夏の高校野球(当時は中等学校野球)大会が始まって106年が経つ。24年に完成した阪神甲子園球場は3年後、生誕100年を迎える。幾多の名勝負の舞台となったその聖地で、ついに女子高校球児がプレーする。

 高校の女子硬式野球はスタートから20年あまり、独自の歩みを続けてきた。大学生やクラブチームなど他のカテゴリーと積極的に交流し、女子野球全体で自治体や企業の支援も募っている。プロアマの間に男子のような断裂の歴史もない。

 そのため、部員の商業的な利用などを認めていない日本学生野球憲章のもとで活動する日本高校野球連盟とは、相いれない部分はある。そこは互いを尊重して手を携えていきましょう――。そんな考えで、男子の大会期間中の甲子園での女子決勝の開催は決まった。

 野球が大好きな女子高校生は全国にいる。地元に女子部がないため男子部で活動する選手もいる。ただ危険防止などの観点から、他の多くの団体競技と同様に女子が男子に交ざって公式戦に出ることはできない。そんな彼女たちが、例えば都道府県や地区単位で連合チームを組んで女子の大会に出られないか。日本高野連と全日本女子連盟で協議していきたいとしている。

 女子野球は甲子園という目標ができて、裾野のさらなる広がりが期待できる。野球の持続的な発展をめざして2018年から始まった「高校野球200年構想」にも沿った動きとなった。(編集委員・安藤嘉浩)

新着ニュース

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ