スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

聖カタリナ・新田、4強で高知勢に敗れる 四国高校野球

2021年4月26日09時00分

 第74回春季四国地区高校野球大会は25日、高松市のレクザムスタジアムで準決勝があり、明徳義塾(高知1位)が3―0で新田(愛媛1位)を、高知(高知2位)が8―1で聖カタリナ(愛媛2位)を下した。決勝は5月1日午後1時から同球場である。

■聖カタリナ1―8高知

 高知が序盤から試合を優位に進めた。一回に4連続四死球で先制すると、失策や森木の適時打で3点を追加した。森木は八回途中まで投げ、1失点の好投。聖カタリナは六回、無死満塁の好機を作り、小沢がこの日2本目の安打で1点を返した。

■新田0―3明徳義塾

 明徳義塾は五回2死満塁、今春の選抜大会でスタメンを外れた池辺の2点適時打で先制。八回には加藤の適時打で加点した。新田は八回、先頭の高木が四球で出塁し、続く山内が犠打で二塁に進めたが、その後は連続三振で好機を生かせなかった。

■甲子園常連校を相手に好投

 新田の先発、向井駿貴投手(2年)は一回、三者凡退に抑えて滑り出した。エースでこの日は捕手で出場した古和田大耀主将(3年)と「丁寧に低めを突いて、打たせて取ろう」と話し合った通りの投球。「これなら打たれない」と手応えは十分だった。

 もともとは三塁手だが、年明けから本格的に投手の練習に取り組んだ。左足を上げて、少し間を置く。落ち着いたフォームから繰り出す制球力が持ち味だ。「内外の投げ分けが良い」と古和田主将も認める。

 この試合、甲子園の常連校、明徳義塾に対し、四回まで無安打無失点投球。しかし五回、初めて安打を打たれると、制球が乱れ始める。安打と四球で2死満塁のピンチを招いた。

 甘く入った直球を右前に運ばれて2点を失った。八回にも追加点を許し、チームは敗れた。「走者を意識して、球が荒れてしまった」。わずかなほころびも見逃してくれなかった。

 先発投手としては8回を被安打6、3失点の好投。古和田主将は「よく頑張った」とねぎらうが、向井投手は満足していない。「四回までの投球を最後までしたかった。夏に向けてもっと投げ込みます」(照井琢見、谷瞳児)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ