スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

鳴門、徳島商が敗退 春季四国高校野球

2021年4月25日09時30分

 【徳島】第74回春季四国地区高校野球大会は24日、香川県の高松、丸亀両市の2球場で1回戦4試合があり、新田(愛媛1位)、明徳義塾(高知1位)、高知(高知2位)、聖カタリナ(愛媛2位)が準決勝に勝ち進んだ。25日に、高松市のレクザムスタジアムで新田と明徳義塾、高知と聖カタリナが対戦する。

 ◎…高知はエース森木が3番手で五回から登板。150キロ台の直球にカットボールなど変化球を効果的に織り交ぜ、1安打無失点、6奪三振の好投。鳴門は四回、一死満塁から三浦、井川の連続安打で2点を挙げて一時リードしたが、終盤は好機を作れなかった。

 ◎…新田は1点を追う四回、長谷川が右越えに適時三塁打を放つなど3点を奪って逆転。五回も内野ゴロの間に1点を加え、リードを広げた。徳島商は一回、米沢の適時打などで2点を挙げ、四回も佐藤が適時打を放ったが、終盤にあと一本が出なかった。

     ◇

 徳島商の6番打者、米沢知希君(3年)が3安打1打点と気を吐いた。

 先制されて迎えた一回裏、同点に追いつき、なおも2死一、二塁。リードを奪う好機で打席に立った。

 徳島県大会では打率が5割超と好調で、チームの準優勝に貢献。ただ、その後の練習試合では「打撃の調子がよくなかった」といい、打撃フォームを修正して四国大会に臨んだ。

 心がけたのは「バットのヘッドを前に出して打つ」。2球目の直球を振り抜くと、打球は中前へ。二塁走者の尾形宗汰朗君(2年)が本塁を駆け抜け、ガッツポーズを決める様子を一塁上から見届け、「すごくうれしかった」。

 続く三回も右前安打を放って2死一、三塁と好機を広げ、暴投の間に三塁走者が生還する追加点につなげた。さらに五回も右前にヒットを放ち、3打席連続の安打。四国大会でも存分に力を発揮した。

 米沢君は試合後、「やれることはやった」と胸を張ったが、「自分のバットでチームを勝たせてあげたかった」と悔しさもにじませた。夏の徳島大会に向け、「もっと練習して、手ごわいバッターになりたい」と誓った。(吉田博行)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ