スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

きょう準決勝 昨秋の熱戦再び 春季都高校野球

2021年4月24日09時00分

 春季東京都高校野球大会(都高校野球連盟主催)の準決勝が24日、ダイワハウススタジアム八王子で行われる。第1試合は午前10時開始予定で、春の選抜で8強入りした東海大菅生と、2019年夏の東東京大会で優勝し、甲子園でベスト8に進んだ関東第一が対戦する。第2試合は、ともに強豪校の二松学舎大付と日大三が戦う。

 都などが対象になる緊急事態宣言を受け、都高野連は対応を検討。24日の準決勝は予定通り実施するが、25日の決勝は、宣言の内容を考慮し、あらためて行うか話し合う。

 準決勝は、昨年の秋季都大会の準決勝と同じ顔合わせとなった。昨秋は、東海大菅生が7―5で関東第一を破り、日大三が3―2で二松学舎大付に勝利した。実力は拮抗(きっこう)しており、接戦が予想される。

 東海大菅生は、エース本田の登板がまだないものの、4試合で1失点と控え投手陣が安定する。一方、関東第一は準々決勝で強豪・国学院久我山と対戦。きっちりと犠打を成功させたり、敵失に乗じたりして確実に加点するなど試合巧者ぶりを発揮する。

 また、二松学舎大付は準々決勝で14得点するなど打線が好調だ。日大三はエースの宇山を中心に堅い守りと、好機を確実にものにする野球で勝ち上がった。

 決勝進出の2校は5月に山梨県で開催予定の春季関東大会に出場する。

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ