コロナ禍のセンバツを振り返る 「限界まで」から脱却

2021年4月9日18時15分

 第93回選抜高校野球大会は4月1日に閉幕し、決勝で明豊(大分)を破った東海大相模(神奈川)が10年ぶり3度目の優勝を果たしました。コロナ禍での開催、「1週間で500球」という球数制限が初めて甲子園でも適用されたセンバツ。「直前予想」を語ったスポーツ部の担当記者が大会を振り返ります。

 【主な内容】

 ・記者直前予想の答え合わせ。

 ・サヨナラ負けのチームが、サヨナラで頂点に。

 ・1週間で500球の投球数制限はどうだったのか。

 ・グラウンドの声出しがよく聞こえる!? アルプススタンドの実態は。

 ・コロナ禍の大会、舞台裏はどうだった?

 ・夏へ、記者の一押しチームはどこ。(山口裕起)

新着ニュース

アクセスランキング

注目動画

一覧へ