スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

奈良県高野連会長に穴田敏之さん

2021年4月6日09時30分

 奈良県高校野球連盟は5日、評議員会と理事会を開き、法隆寺国際高校長の穴田敏之さん(59)を新会長に決めた。副会長は、王寺工高校長の木田富和さん(58)が新任で、県立高非常勤講師の松本清一さん(65)は再任。専務理事は五條高教諭の河井泰晴さん(58)が再任された。

 穴田会長は大和郡山市出身。甲子園を目指して高校に進んだが、入学前に肩を痛め、野球を諦めざるをえなかった。「高校野球に背を向けた人間が教員になってから高校野球にお世話になるとは、不思議な縁を感じる」と話す。

 大学卒業後、社会科(現・地歴公民科)教諭として山辺高に着任し、野球部の顧問に就任した。その後、奈良高や生駒高などで野球部の監督も務め、2020年4月から、県高野連の副会長を務めていた。

 穴田会長は「昨年度は試練の年だった。今年度は何とかウィズコロナで大会を運営できるかと思っている。生徒のひたむきさ、真剣さやはつらつとした姿が人を引きつけるのだと思う。高校野球は健在です、とアピールしたい」と意気込みを語った。(米田千佐子)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ