スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

東明館優勝 高校野球 秋の県大会に続き連覇

2021年4月5日09時00分

 第148回九州地区高校野球佐賀大会(佐賀県高野連主催、朝日新聞社など後援)は4日、佐賀市のみどりの森県営球場で決勝があり、東明館が多久に6―5で競り勝った。秋に続いての連覇で、3回目の優勝。東明館は24日から大分県である九州大会に出場する。

 ◎…好走塁や好守を見せた東明館が巧みな試合運びで、追いすがる多久を振り切った。

 東明館は二回、安打と2四球で2死満塁から2番の久保が左に2点適時打を放ち先制。逆転された六回、1死一塁から加藤の適時三塁打で追いつくと、加藤が久保の左犠飛で生還し、すぐに勝ち越した。八回は相手のミスで2得点し、点差を広げた。

 先発今村は五回まで無失点。六回、多久打線に捕まり逆転されたが、救援の加藤が後続を断った。九回は1点差まで詰め寄られたが、同点となる相手走者を右翼手井上が本塁で刺し、リードを守り切った。

 多久は東明館と同じ12安打を放ったが、あと一歩及ばなかった。

 東明館の加藤晴空(そら)主将は「苦しい展開だったが、仲間を信じてやりきることができた」と話し、九州大会に向け「夏につながるように勝ちにこだわって、強いチームと戦って良い経験を積みたい」と語った。(大村久)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ