スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

明豊、耐えて4強 堅守で智弁学園破る

2021年3月30日09時00分

 【大分】阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開かれている第93回選抜高校野球大会に出場している明豊は29日、準々決勝で智弁学園(奈良)に6―4で勝利。2019年の大会に続き4強入りを果たした。3投手の粘投に打線が応え、この試合も無失策で危機を乗り越えた。

 明豊は一回表、先頭打者の幸修也主将(3年)が左翼席に本塁打を放ち先制。直前に一塁手に邪飛を捕られそうになったが「命びろい」した後の一発だった。直球を狙っていたといい、「仕留められなかった次の球を仕留められた。塁を回っているときは本当にうれしかった」と話した。

 三回表には先発の京本真投手(3年)が先頭打者として右前安打で出塁。幸主将が今度は送りバントを決めて1死二塁と好機を広げ、阿南心雄選手(3年)と黒木日向選手(3年)の適時打で計2点を加えた。阿南選手は「投手がヒットで出た。野手が打たないとと思って打席に立った」。

 五回表には2番手で登板していた太田虎次朗投手(3年)が、やはり先頭打者として左前安打で出塁。これを足がかりに2死二、三塁と攻め、黒木選手が決勝打となる2点適時打を放った。黒木選手は「投手ならピンチの場面では初球にストライクが欲しいはず」と読み、狙い通りの直球を思い切りたたいた。

 投手陣はこの日も粘投。京本投手は、強打の智弁学園を相手に「中途半端で抑えられるチームではない」と内角を強気で攻めた。三回裏の2死満塁の危機でも、前の打者に死球を与えていたが内角攻めで挑み、最後は外角の直球で三振に仕留めた。

 智弁学園の打球は強く、打ち取ったはずの当たりが内野安打になったり、併殺崩れで出塁を許したりした。六回裏には太田投手の制球の乱れもあり、2点差まで詰め寄られた。

 なお2死一、三塁の場面、相手の大飛球を追った左翼の阿南選手がフェンスに激突。頭を打ちそのままうつぶせに倒れ込んだが、ボールはグラブの中におさまっており、球場は大きな喝采に包まれた。

 「捕った後は覚えておらず、目を開いたら審判が駆け寄ってきていたので、グラブの中のボールを見せた」と阿南選手。「小さいころにテレビで見ていた甲子園の大歓声を自分が受けているのが不思議だった」

 このプレーをブルペンで見た財原光優投手(3年)は、「勝利への執念が見えた。自分も絶対抑えないと」と奮起。七回裏から登板し、猛攻を受けながら、残るイニングを1失点で乗り切った。

 黒木選手は「目標は日本一。満足せず、最後までしっかりやり通したい」と気持ちを新たにしていた。(寿柳聡)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ