スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

京都国際、粘り最後まで ダブルエース「成長し夏へ」

2021年3月28日09時00分

 京都国際(京都市東山区)は27日、第93回選抜高校野球大会の2回戦で東海大菅生(東京)に逆転負けを喫し、初の8強進出を逃した。2点を追う五回に中川勇斗(はやと)君の3点二塁打で逆転し、森下瑠大(りゅうだい)君の適時打で1点を追加。九回2死まで追い込んだが、あと一歩及ばなかった。春夏通じて初出場した甲子園で、強豪相手に粘り強く戦った選手たちに、スタンドから大きな拍手がわいた。(吉村駿、高木智也)

 先発した森下君の投球数は、八回を終えて120球に達していた。普段なら平野順大(じゅんた)君に交代する場面。だが、平野君は二回、利き腕の右ひじ付近に死球を受けていた。「次のステージでも活躍できる選手を育てること」を指導方針とする小牧憲継(のりつぐ)監督は、森下君の続投を選んだ。

 「思い切って投げろよ」

 2点リードで迎えた九回、右翼の守備に向かった平野君は、森下君に声をかけた。森下君も答えた。

 「任せろ」

 森下君は、序盤こそ点を許したが、四回以降は本来の投球を取り戻し、相手の攻撃をいずれも3人で終わらせていた。九回は1点を返され、なおも2死満塁。1ボール2ストライクまで追い込んだが、4球目の直球を右翼線へ運ばれた。

 「絶対に抑える、という気持ちで投げたが、勝ちを急いで甘く入ってしまった。実力のなさを痛感し、悔しかった」

 森下君と平野君は「京都国際のダブルエース」と呼ばれてきた。昨秋の京都府大会では平野君が、近畿大会では森下君がそれぞれ背番号1をつけ、チームの快進撃を支えた。小牧監督も「平野と森下の好投が、甲子園をつかめた大きな要因の一つ」と振り返る。

 2人はともに2年生でクラスも同じ。コントロールがよく、打たせて取る左腕の森下君と、直球で押す右腕の平野君。森下君が「平野はストレートで三振が取れる投手。負けないつもりで練習してきた」と言えば、平野君も「コントロールでは森下にかなわないが、負けたくない」。互いを認めながらも、競い合って力をつけてきた。

 甲子園では、平野君がエースナンバーを背負った。森下君は「悔しかったけれど、マウンドに上がれば背番号は関係ない」。初戦、2回戦ともに先発を託されたが、「後ろに平野がいるから思い切って投げよう」と全力投球してきた。

 試合後、森下君は「もっと成長して夏に戻ってきたい」、平野君は「もう一度、2人で競い合ってレベルアップしたい」。ダブルエースは、ともに次のステージを見据えた。

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ