スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

広島新庄、粘り見せた 選抜高校野球

2021年3月28日09時00分

 【広島】連勝記録は46で止まった。第93回選抜高校野球大会。広島新庄は27日、2回戦で近畿王者・智弁学園(奈良)と対戦し、先取点を奪うも、2―5で敗退した。

 二回裏1死二塁。ピンチを迎えても、遊撃手の瀬尾秀太君(3年)は落ち着いていた。二塁走者のリードが大きいのに気づいた。「刺せる」。花田侑樹投手(同)に合図を出し、すばやくベースカバーに入る。花田君からの鋭い球を確実にグラブに収めると、審判が拳を上げた。

 練習を重ねた牽制(けんせい)プレーでピンチを乗り切った。

 甲子園の土を踏むのは2回目。昨夏の交流試合でも遊撃手として出場した。2年生ながら安打を放ち、チームの勝利に貢献した。

 1年秋からレギュラーをつかみ、不動の遊撃手に。自他共に認める守備範囲の広さが持ち味だ。宇多村聡監督も「彼の守備に助けられている」と信頼を置く。

 「ひまが好きじゃない」と、日々の練習後も積極的に自主練習に励んできた。雪深い北広島町にあるグラウンドは、状態が悪い日も多い。イレギュラーにバウンドする球への対応を、繰り返し練習してきた。

 この日、1点を先取して迎えた三回裏2死一、三塁のピンチも、得意の守備で乗り切るはずだった。三遊間への鋭いゴロをうまくつかんだが、二塁への送球がわずかにそれた。「実力不足です」。言葉少なに顔をしかめた。

 それでも八回には、ミスを取り返す適時打を放った。「直球に押されていた。もう一度来るはず」。読みが当たり、甘く入った直球を中前へ打ち返した。

 強打者ぞろいの相手は手ごわかった。練習試合も含め続いていた46の連勝記録は途絶えた。「勝ち上がれなかった先輩たちの分も、優勝したかった」

 瀬尾君は次を見据える。「夏に向け、いっぱいバットを振り込んで、守備もレベルアップして、甲子園に戻ってきたい」

 敗戦の悔しさが、練習の鬼に火をつける。(三宅梨紗子)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ