スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

先輩マネたら速くなった捕手 盗塁3度阻止の福岡大大濠

2021年3月27日15時00分

 (26日、選抜高校野球 福岡大大濠8-4具志川商)

 傾きかけた流れを渡さない――。捕手の川上陸斗君(3年)は3度盗塁を刺し、具志川商の機動力野球を封じ込めた。

 4―4で迎えた延長十回裏、エース毛利海大君(同)は初戦に続き投球数が130を超えて制球が定まらなくなり、2死から死球を与え降板。2死一塁で、初回に同点本塁打を浴びた3番打者を迎え、チームには嫌な空気が流れた。

 相手はこの日も積極的に足を使ってきた。ここまで2回の盗塁は川上君が阻止。それでも、一塁走者は初球から走ってきた。「次も絶対に刺す」。川上君の送球は矢のように遊撃手のグラブに突き刺さり、ピンチの芽を摘んだ。

 持ち前の強肩に満足せず、足の使い方に磨きをかけてきた。参考にするのは4年前にチームを8強に導いた捕手古賀悠斗さんだ。そのマネをしながら練習するうちに送球は格段に速くなった。「走者は川上に任せて打者に集中できる」と投手陣からの信頼も厚い。

 十一回表には、松尾光気君(同)の本塁打に続き、川上君もこの日2本目の適時打を右前に放ち、一挙4得点で勝負を決めた。

 「大きな舞台になればなるほど力を発揮する」と八木啓伸監督。4年前に古賀さんが届かなかった4強進出は、川上君の「肩」にかかっている。(川辺真改)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ