市和歌山、粘りあと一歩 明豊に惜敗 選抜高校野球

2021年3月27日09時00分

 第93回選抜高校野球大会7日目の26日、市和歌山は2回戦で明豊(大分)と対戦し、1―2で惜敗した。大会屈指の好投手・小園健太君を擁して臨んだ大会だったが、2年ぶりの8強入りはならなかった。選手たちは夏に向けて雪辱を誓った。

     ◇

 甲子園の大舞台で、市和歌山の大黒柱が攻守でチームを引っ張った。一回、相手の先頭打者にいきなり二塁打を浴びると、捕手の松川虎生(こう)君(3年)がタイムをとってマウンドに駆け寄った。「思い切り腕を振っていこう」。先発した米田天翼(つばさ)君(2年)の肩をたたいて落ち着かせた。

 四回に本塁打を打たれた後もすかさずマウンドへ。「1点くらい俺が打ち返すから大丈夫」と鼓舞した。試合後、松川君は「米田は初めての甲子園。うまくいかないことも多いが、しっかりタイムを取ることで、安心感が増していくと思った」。米田君は「硬くなっていたとき声をかけてくれて、気持ちが楽になった」と振り返った。

 五回からマウンドに上がったエースの小園健太君(3年)には、かける言葉を変えてリードした。八回に二塁打を打たれた後にはマウンドで「ギアを上げていこうぜ」。小園君は後続を連続三振で抑えた。

 米田君にかけた「俺が打ち返す」という言葉通り、打撃でもチーム一の活躍を見せた。四回にチーム初安打となる右越え二塁打を放った。六回は2死二塁の好機で打席へ。「浮いた球は絶対に捉えようと思っていた」。初球の高めの変化球を中前に運び、一時同点にした。

 半田真一監督は、松川君について「大きな舞台に強い子やなと改めて感じた」とたたえ、「甲子園で野球をすることのうれしさ、感動を味わったと思う。しっかり持って帰って、さらに力をつけてほしい」と期待した。

 松川君は「この春は(小園)健太に任せきりだった」と反省を口にした。しかし、前を向く。「野手陣がもっとレベルアップしたい。自分の打撃もまだまだ。一球で仕留める確率を上げるため、振り込んでいきたい」。夏に戻ってくることを誓った。(滝沢貴大)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ