スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

今度は投が打を補う 選抜大会、明豊8強

2021年3月27日09時00分

 【大分】阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開かれている第93回選抜高校野球大会で明豊は26日、2回戦で市和歌山と対戦。好投手相手に少ない好機をいかして競り勝ち、8強に進出した。初戦は乱調だった投手陣が奮起。野手はこの日も無失策でもり立てた。

 明豊の先発太田虎次朗投手(3年)は落ち着いた立ち上がり。一回裏を三者凡退、二回裏は1死から四球で走者を出したが連続三振で切り抜けるなど、丁寧な投球で流れをつくった。「1回戦では気持ちが入りすぎた。今日は冷静に目の前の打者のことを考えながら、しっかり投げることができた」と太田投手。

 大会屈指の右腕・小園健太投手(3年)を擁する市和歌山は2番手投手が先発。リードを奪っておきたい明豊は四回表、先頭の米田友選手(3年)が、甘く入った球を見逃さずに本塁打を放って先制した。

 米田選手は、「なんとか塁に出ようと、狙っていた直球にくらいついた。公式戦初ホームランで味わったことがないうれしさでした」と喜んだ。

 五回表から小園投手が登板すると、明豊打撃陣は力のある直球に押され気味に。六回2死二塁で同点打を打たれ、なお2死二塁のピンチだったが、遊撃手の幸修也主将(3年)が抜ければ勝ち越しもある三遊間の打球を好捕した。

 このプレーで相手の流れを断ち切ると、七回表に先頭打者の阿南心雄選手(3年)が中前打で出塁。2死三塁として、川崎絢平監督はメンバー唯一の2年生、竹下聖人選手を代打に送った。「必死に泥臭くできる。試合に出られない先輩の分も、という責任感もある。こういう選手がこういう場面で打ってくれるんじゃないかと思った」

 期待通り、竹下選手の打球が三遊間を破って勝ち越しに成功。これが決勝打となった。竹下選手は「必死でくらいつき、絶対抜けろという気持ちでバットを振りました」と振り返った。

 打が投を、投が打を。苦しい展開でも支え合った明豊が、チームとして2019年以来の4強入りがかかる28日の準々決勝に臨む。(寿柳聡、伊藤良渓)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ