スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

鳥取城北、粘り及ばず 強豪に惜敗 選抜高校野球

2021年3月27日09時00分

 鳥取城北は大会第7日の26日、東海大相模(神奈川)との2回戦に臨み、0―1で惜しくも敗れた。強豪を相手に引き締まった試合を見せた選手たちは、夏に向けて更なる成長を誓った。

 先発のマウンドを任されたのは背番号11の右腕、山内龍亜(りゅうあ)君(3年)だった。昨秋までけがに苦しんだが、山木博之監督から調子の良さを買われて前日に先発を予告されていた。「自分が抑えてやる」。山内君は深々と一礼してから打者と向き合った。

 二回。エラーと盗塁で1死二塁のピンチに。続く打者に変化球を捉えられた。打球は三塁線に飛び、その間に二塁走者が本塁へと駆け込んだ。一瞬の隙を突いたプレーだった。

 しかし、山内君はすぐに気持ちを切り替えた。183センチの長身からフォークやカーブなど変化球を低めに投げ込み、三回から八回を無失点に抑えた。六回には二塁手の中木村連次郎君(同)が好守で援護した。

 九回、先頭打者に四球を出してエースの広田周佑君(同)にマウンドを譲った。試合後、山内君は「とても楽しかった。自分の力以上のピッチングができた」と満足げな表情で語った。山木監督も「出来すぎなくらい、本当によく投げてくれた」とねぎらった。

 広田君も1回戦での完投を自信に好投した。「山内がいいピッチングをしてくれた。このまま1点差で裏の攻撃につなげよう」。犠打と左前安打、盗塁で1死二、三塁のピンチに陥ったが、強気の投球を続け、最後は2者連続の三振でピンチを切り抜けた。

 その裏の攻撃。前の打席で安打を放った岸野桂大君(同)が2球目の直球を思いきり振り抜いた。打球は右中間に伸び、見事二塁打に。続いて徳永健太君(同)がバントを成功させ、1死三塁の好機を演出した。しかし、相手エースに2者連続で三振に仕留められ、ホームを踏むことはできなかった。

 安打数では相手を上回ったものの惜敗。1点の重みを感じるゲームとなった。畑中未来翔(みくと)主将は「チャンスで1本出せなかったところが相手より劣っていたと思う」と冷静に分析した。畑中主将は大舞台での2試合を振り返り、「成長できた選手が多いと思う。明日からもう一度練習して夏に戻ってこられるように頑張りたい」と雪辱を誓った。(宮城奈々)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ