スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

15回引き分けのち、延長戦 花咲徳栄×東洋大姫路

2021年3月31日12時00分

 2年ぶりに球春到来――。3月19日に開幕した第93回選抜高校野球大会。夏と同じく、甲子園の歴史を彩ってきたセンバツの名場面を、担当記者がゲストを交えながらトークで振り返ります。題して「音でよみがえる甲子園」。春のシリーズも大詰めです!

◇2003年第75回大会 準々決勝=3月31日

 花咲徳栄(埼玉) 000 000 000 100 001|2

 東洋大姫路(兵庫)000 000 000 100 001|2

                  (延長15回引き分け再試合)

 ○…東洋大姫路・アンと花咲徳栄・福本の見応えのある投手戦だった。花咲徳栄が十回に水谷の適時打で均衡を破ると、その裏、東洋大姫路は上野山の中犠飛で追いつく。十五回は両チームに失策が出て1点ずつを取り合った。アンは直球、福本はスライダーの切れが回を追うごとに増した。

▼準々決勝=4月1日

 花咲徳栄(埼玉)  200 000 201 0|5

 東洋大姫路(兵庫) 000 210 200 1|6

                    (延長10回)

 ○…東洋大姫路が粘りを見せてサヨナラ勝ちした。十回、先頭の前川が九回から登板した主戦の福本から右中間三塁打。後続の2者は敬遠の四球で満塁となった。次打者野崎のとき、2―2からのスライダーが暴投となり幸運な決勝点を挙げた。九回2死から追いつくなど花咲徳栄の健闘も見事だった。引き分け再試合が延長戦になるのは、甲子園史上初。

新着ニュース

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ