スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

選抜初戦 中京大中京・高橋監督「まず守りをしっかり」

2021年3月25日09時00分

 【愛知】第93回選抜高校野球大会(日本高校野球連盟・毎日新聞社主催、朝日新聞社後援)で中京大中京は第6日の25日、第1試合(午前9時開始)で専大松戸(千葉)と対戦する。昨秋の東海大会を制して春32回目の出場になる中京大中京の高橋源一郎監督(41)と、関東大会4強で春初出場の専大松戸・持丸修一監督(72)に相手の印象や抱負を聞いた。

     ◇

 ――相手の印象は

 高橋監督 深沢投手を中心に守りが堅く、簡単には失点をしない守備をしている。攻撃も粘り強い印象で選球眼も良い。機動力を使う、つながりのある打線だと感じている。

 ――チーム状況は

 高橋監督 投手陣は畔柳(くろやなぎ)ら5人を登録している。畔柳中心なのは間違いないけれど、継投に向けて他の投手の状態も上がってきているので秋よりレベルアップできていると思う。打線も練習でしっかりと振ってきたので心配はしていない。

 ――理想の試合展開は

 高橋監督 うちは守備に重点を置いていて、守りから攻撃へ、というチーム。まずは守りをしっかりとして最少失点に抑え、うちのリズムに出来ればと思う。相手とは同じようなチームカラーの対戦になると思うので、粘り強く戦いたい。

 ――鍵となる選手は

 高橋監督 畔柳の出来が大会を通じて行方を握る。打者では3番の桑垣。練習試合では、いいところで回ってきている。プレッシャーを感じながらやっていると思うが、この経験が生きてくる。

 ――意気込みを

 高橋監督 一戦必勝でいきたい。(上山浩也)

     ◇

 ――相手の印象は

 持丸監督 マスコミや野球雑誌で見ている程度だが、高校野球のトップクラスという印象。投攻守、バランスがとれた強いチームだと思う。

 ――チーム状況は

 持丸監督 力が100とすると、80か90くらいの仕上がりになっている。全国レベルに比べると、どうか分からないが。

 ――理想の試合展開は

 持丸監督 うちは攻撃力が特別あるわけではない。投手が3、4点くらいに抑えれば、まあまあの試合になると思う。それ以上とられたら苦しい。150キロの速い球をどれだけ打ってくれるか不安があるが、ロースコアの試合展開を望む。

 ――鍵となる選手は

 持丸監督 打線はやはり4番の吉岡。走者が出ていればかえしてくれるような打撃を期待するし、出ていなければ初安打を打ってほしい。投手は深沢が好投してくれるか。150キロは放れないので、コーナーに投げ分け、的を絞らせない投球をしてくれたら最高だ。

 ――意気込みを

 持丸監督 全員で全力でやろう、次につながる試合をしようと言っている。全員で気持ちを高めて練習している。(福冨旅史)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ