スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

京都国際、二枚看板で初勝利めざす 先発に注目

2021年3月24日09時00分

 第93回選抜高校野球大会に初出場する京都国際(京都市東山区)は、24日の第2試合で柴田(宮城)と対戦する。平野順大(じゅんた)投手、森下瑠大(りゅうだい)投手の二枚看板で、甲子園初勝利をめざす。

 昨秋の京都府大会では平野投手が、近畿大会では森下投手がそれぞれエースナンバーをつけた。いずれも冬に新たな球種を習得。甲子園では、平野投手が「背番号1」を背負う。左打者が多い柴田打線に対し、左腕の森下投手が先発するのか、右腕の平野投手が投げるのかが注目される。小牧憲継(のりつぐ)監督は「実力は双璧。調子の良い方を使う」と話す。

 一方、東北大会準決勝で甲子園常連の日大山形(山形)を零封した柴田の谷木亮太投手を攻略する鍵は、チームの要・中川勇斗(はやと)捕手の前に走者をためられるかだ。けがで秋季大会に出られなかった武田侑大(ゆうと)遊撃手も調子を上げており、持ち味の「つなぐ打線」で勝機をたぐり寄せたい。(吉村駿)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ