スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

選抜高校野球 あと1本が……県岐阜商サヨナラ負け

2021年3月24日09時00分

 第93回選抜高校野球大会4日目の23日、県岐阜商は市和歌山に0―1でサヨナラ負け。新型コロナウイルスの感染拡大で昨年の大会が中止となり、2年分の思いで挑んだ1戦だったが、母校で指揮を執る鍛治舎(かじしゃ)巧監督の下での「甲子園1勝」は果たせなかった。

 七回裏、表の攻撃で代打を送られた野崎慎裕投手(3年)に代わり、松野匠馬投手(同)がマウンドに立った。「野崎は最高の投球でつなげてくれた。準備は出来ていた」

 七回を3人で終え、八回も2死満塁で好打者松川虎生君(同)を右飛に打ち取った。続く九回裏、中前安打と四球で、1死一、二塁のピンチを招く。

 高木翔斗捕手(同)がマウンドに駆け寄った。「逃げずに攻めていけ」。松野投手は「強気で投げるから、頼む」と応じた。

 1ストライクの後、高木捕手の配球は内角への直球。しかし、指にひっかかる。外角寄りに甘く入り、高めに浮いたところを、中前にはじき返された。中西流空中堅手(同)の渾身(こんしん)の返球も間に合わず、サヨナラ負けに。

 昨夏の甲子園での交流試合でも登板し、3回1/3を無失点と好投した。冬には金華山での走り込みやウェートトレーニングで下半身を中心に鍛え、球速を最速148キロに上げて大会に臨んだが、直前にひじに張りがあり、この日はボールが先行しがちだった。

 鍛治舎監督は「松野は本調子でなく、八回で限界だった。代えるべきだったが、(九回は)松野の経験を買った。つらい思いをさせた」とかばった。

 松野投手は「お客さんも多く、(昨夏とは)違う雰囲気だった。野崎が好投したのに自分が打たれ、本当に悔しい」と涙をこらえると、「自分の実力は、まだまだ足りなかった。夏には伸びのある直球でコースを突く投球をしたい」と前を向いた。(板倉吉延)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ