スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

早稲田実×関西 春の延長15回、譲らぬ熱闘の行方は

2021年3月29日12時00分

 2年ぶりに球春到来――。第93回選抜高校野球大会が3月19日から阪神甲子園球場で開催中。夏と同じく、甲子園の歴史を彩ってきたセンバツの名場面を、担当記者がゲストを交えながらトークで振り返ります。題して「音でよみがえる甲子園」。

◇2006年第78回大会 2回戦=3月29日

早稲田実(東京) 000 021 301 000 000|7

関西(岡山)   001 010 203 000 000|7

                (延長15回引き分け再試合)

 ○…3点を追う関西は九回、敵失と2死球で満塁とし安井が高めの直球を右中間三塁打し同点にした。しかし早稲田実も敬遠策で満塁とし、次打者を投ゴロ併殺に仕留めるなど、サヨナラ負けのピンチをしのいだ。今大会初の延長に入ると、斎藤、ダースがともに安定した投球で決勝打を許さなかった。

▼2回戦=3月30日

 早稲田実(東京) 001 010 002|4

 関西(岡山)   000 000 120|3

 ○…引き分け再試合となった一戦は、九回に逆転した早稲田実が、24年ぶりに8強入りした。1死から後藤が左前安打。続く船橋の当たりは右前へ。右翼手が後逸する間に2人が生還した。関西は八回、下田の中越え2点本塁打で一時はリードを奪った。九回も2死満塁と攻めたが、斎藤に後続が断たれた。

新着ニュース

アクセスランキング

注目動画

一覧へ