スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

具志川商、初の甲子園に「ほっぺたたいた」 雨でも万全

2021年3月21日12時28分

 第93回選抜高校野球大会は21日、雨のため、全3試合が順延した。

 第1試合に臨むはずだった具志川商(21世紀枠・沖縄)は、春夏通じて初の甲子園。練習前に雨の降るグラウンドに出て、チームで写真撮影をした。

 「夢だったグラウンドが目の前に見え、ほっぺをたたいて(現実だと)確認した。ちゃんと痛かった」

 主将の粟国(あぐに)陸斗(3年)は、初めての甲子園で、思わず取った行動を明かしてくれた。

 室内練習場では、試合に臨むつもりで準備を始めたが、途中で順延の知らせが入った。選手たちは、試合前に行うアップを中心に、汗を流した。

 粟国ら選手たちが意識したのは、全員で声を出すことだ。「室内だからこそ声が響いてモチベーションも高く練習できた」という。

 喜舎場(きしゃば)正太監督は、球場に足を踏み入れた選手たちを見て、「何もかも初めてだらけのチームなので、すべてが新鮮。選手たちの目の色が変わって、『やってやるぞ』という気持ちが芽生えた」と感じた。

 九州大会でも雨の順延を経験したといい、「こういう場合の準備の仕方はわかっている。選手たちのモチベーションは上がる一方。次も同じスケジュールで準備できるので、良いコンディションで臨めると思う」と前向きに捉える。

 そんな監督の思いに応えるかのように、粟国は「自分たちらしく、泥臭く、守備から攻撃につなげる野球を見せたい」と翌日の試合に向けて意気込んだ。(高岡佐也子)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ