スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

下関国際 みせた粘り

2021年3月20日09時00分

 【山口】19日に開幕した第93回選抜高校野球大会で、下関国際は昨秋の関東大会を制した強豪・健大高崎(群馬)に2―6で敗れた。九回に2点を返す粘り強さをみせたが、3年ぶりの甲子園出場は初戦で幕を閉じた。

 強心臓をもつエースが、甲子園の舞台で存在感をみせた。

 左腕の古賀康誠君の登板は序盤の三回裏2死一、二塁。ピンチの場面だった。エースナンバー「1」を背負って挑む初めての公式戦だったが、「打たれる気はしていなかった。考えずに投げた」。左打者に低めの変化球で追い込み、最後は外角低めの直球で三振を奪って切り抜けた。

 小学生からずっと投手。中学では硬式野球チームに所属した。当時、古賀君を指導した戸嶋博監督によると、硬式での初登板は中学1年の時の試合終盤の無死満塁の場面。古賀君は何食わぬ顔でマウンドに向かい、この回を零封した。「すごい心臓を持っていた」と戸嶋監督。下関国際の坂原秀尚監督も「安定していて動じない」と評する。

 この日の四回1死一、三塁の場面でも、古賀君の表情は変わらなかった。一ゴロの併殺でピンチをしのいだ。

 ところが、終盤八回に崩れた。1死二塁の場面、「力まずに投げようと意識したけど、ボールが先行してしまった」。6球目、甘く入ったスライダーを右翼フェンスまで運ばれた。

 「甲子園には何かがあると分かった。この悔しさをエネルギーにして、夏に向かっていきたい」(寺島笑花)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ