スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

鳥取城北、きょう初戦「ベスト尽くす」 選抜高校野球

2021年3月20日09時00分

 【鳥取】第93回選抜高校野球大会が19日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕した。事前にグラウンドで収録した鳥取城北(鳥取市)の入場行進の様子も大型ビジョンに映し出された。

 鳥取城北は20日の第2試合で21世紀枠の三島南(静岡)と初戦に臨む。畑中未来翔(みくと)主将(3年)は「(三島南の投手は)緩急をうまく使ってくると思う。小技を使いながら頭でプレーしていきたい。目先の1戦にベストを尽くす」と話す。

 チームの持ち味は、1年秋からレギュラーを務める畑中主将を中心とした切れ目のない打線だ。中軸を担う徳山太一選手(同)は、昨秋の全7試合に出場。スタメンの中でチームトップの打率4割8分4厘を記録した。県大会の準々決勝では2打席連続で本塁打を放つなど長打力も光る。この冬は食事トレーニングに励んで体重を8キロ増量。力強いスイングに磨きをかけた。徳山選手は「チャンスで1本を打って、チームに流れを作りたい」と意気込む。

 投手陣も多彩だ。エースナンバーを背負う右腕の広田周佑投手(同)は打たせて取る投球が持ち味。左腕の奥田智哉投手(同)は、昨秋の大会を2失点に抑えた。ポテンシャルを評価されながらも長らくけがに苦しんだ山内龍亜(りゅうあ)投手(同)も「状態はかなり良い。上昇気流に乗っている」(山木博之監督)という。(宮城奈々)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ