スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

健大高崎、初戦は下関国際と 選抜19日開幕

2021年3月19日09時00分

 【群馬】第93回選抜高校野球大会(日本高校野球連盟など主催、朝日新聞社後援)が19日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する。昨秋の関東大会で優勝した健大高崎は、開会式後の第3試合(午後3時20分)で下関国際(山口)と対戦する。出場32校の頂点を目指し、熱戦を繰り広げる。

 昨秋の公式戦10試合での本塁打は15本。出場32校の中では、優勝候補の呼び声も高い大阪桐蔭の11本を上回り最多だ。チーム打率は3割8分9厘。圧倒的な打力で関東大会2連覇を果たし、昨年に続き選抜への切符をつかんだ。

 コロナ禍で大会が中止になった昨春、悔しい思いをした先輩たちの背中をすぐそばで見ていた。選抜出場校を招いて開かれた「甲子園交流試合」に向けて3年生がグラウンドで練習する中、2年生は室内練習場での打撃練習が増えた。近距離から速球を打つ練習を中心に、多い日は1人300球以上を打ち込んできた。

 練習場の掲示板には、部員全員のスイングスピードや筋力テストの成績順位が書かれた紙が貼られている。互いに刺激し合って2年生全員が重さ80キロのベンチプレスを上げる筋力をつけ、打球の飛距離も伸びた。青柳博文監督も「上位から下位まで満遍なく本塁打が出るチーム」と太鼓判を押す。

 その中心は打率6割3分9厘の桜井歩夢や、1年夏から主軸を担う4番の小沢周平主将。下位打線ながら昨秋の県大会初戦で2打席連続本塁打を放った伊藤翔哉や、優れた選球眼の堀江晃生らにも期待がかかる。

 多彩な投手陣も心強い。気迫ある直球が持ち味のエース高松将斗や制球力が光る野中駿哉のほか、関東大会では故障で泣いた最速140キロ超の本格派右腕の今仲泰一も、復調の兆しを見せている。(松田果穂)

     ◇

 今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開会式の入場行進は開幕日に初戦を迎える6校のみで行う。18日午前、阪神甲子園球場で開会式のリハーサルに臨んだ健大高崎の選手らは、緊張した面持ちで入退場や式の流れを確認した。

 リハーサルを終えて小沢主将は「初めてグラウンドに入ってぐっと実感がわいた。浜風に負けないようフルスイングしたい」と意気込みを語った。

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ