京都国際、府庁と京都市役所を訪問 甲子園での健闘誓う

2021年3月9日09時00分

 【京都】19日に開幕する第93回選抜高校野球大会に出場する京都国際(京都市東山区)の選手らが8日、京都府庁や京都市役所を訪問し、初舞台となる甲子園での健闘を誓った。

 西脇隆俊知事は「コロナで練習ができない厳しい環境を乗り越え、初出場を果たした。全力疾走、全力プレーを期待している。感謝の気持ちを忘れず、粘り強く戦ってください」と激励。市役所では、門川大作市長が「コロナで暗い話題が多い中、心強い。甲子園では思う存分活躍し、勝ち続けてください」と語った。

 山口吟太(ぎんた)主将は「代表として選ばれた、という思いが強くなった。甲子園に向けて、チームとしてやれることをしっかりやり、思い切ってプレーしたいです」と意気込みを語った。

 京都国際は、大会5日目(23日)の第2試合で柴田(宮城)と対戦する。(吉村駿)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ