スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

京都国際、初戦の相手は柴田 初出場対決へ

2021年2月24日09時30分

 阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で来月開幕する第93回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会が23日、オンラインで開かれ、出場校の主将が参加した。京都府内から初出場する京都国際(京都市東山区)は、大会第5日(来月23日)の第2試合に、同じく春夏通じて初出場の柴田(宮城)と対戦することが決まった。

 山口吟太主将(2年)は同校の語学室で抽選に臨んだ。「ア」や「イ」などカタカナが書かれた封筒を選ぶ方式で、京都国際の「コ」を選ぶつもりだった。だが、くじ順は22番目。先に選ばれていたため「目に入った」という「ナ」を選択。柴田との初出場対決が決まり「いよいよか、と気が引き締まった」という。

 練習着に着替えて、ほかの選手たちが練習しているグラウンドへ。「対戦相手は柴田高校に決まりました。(甲子園へ)行くからには勝たないといけない。気を引き締めて頑張りましょう」と伝えると、選手らは「よし」と応じた。

 柴田との対戦は、練習試合を含めて初めて。山口主将は「挑戦者の気持ちを忘れずに、全力でプレーしたい」。近畿大会でエースナンバーを背負った森下瑠大(りゅうだい)投手(1年)は「相手打者をしっかり研究したい。低めに丁寧に投げ、ゴロを打たせる」と意気込んだ。

 小牧憲継(のりつぐ)監督は「準備の時間がほしかったので、5日目でほっとした」。内外野の連係プレーを強化し、甲子園初勝利をめざす。「相手の勢いにのまれないようにしたい」と語った。(吉村駿)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ