スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

明徳義塾、仙台育英と対戦 選抜高校野球

2021年2月24日10時00分

 【高知】第93回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会が23日、オンラインであり、県勢の明徳義塾は1回戦で仙台育英(宮城)と大会初日の3月19日第2試合に対戦することが決まった。

 抽選会は米崎薫暉(くんが)主将(2年)だけが校舎の別室で画面越しに参加し、残りの野球部員約65人はテレビ中継で見守った。くじは五十音が書かれた札を順番に選ぶ仕組みで、米崎主将が馬淵史郎監督の姓にちなんだ「チ」の札を選んで初戦の相手が決まると、部員たちは大きくどよめいた。

 仙台育英は甲子園で春夏合わせて3度の準優勝を誇る強豪だ。エース代木(しろき)大和投手(同)は「相手がどう来ようと自分の投球をするだけ」と意気込んだ。昨秋の県大会と四国大会では8試合中7試合を完投し、安定感ある投球で四国王者に導いた。

 馬淵監督は仙台育英について投手陣の層の厚さを警戒しつつ、「どこかにスキがあるはず。点をやらず競ったゲームをすることが大事」と自信ものぞかせた。

 明徳義塾は昨年も選抜大会の出場校に選ばれたが、新型コロナウイルスの影響で大会が中止になった。米崎主将は「一つ上の先輩たちの悔しい思いも背負っている。その気持ちを選抜で出したい」。(清野貴幸)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ